NHKで「駅ピアノ」「空港ピアノ」という番組をたまに放映している。各地の駅や空港に設置された(誰でも自由に弾ける)ピアノの演奏シーンと、その演奏者のインタビューからなる番組である。場所はプラハ、アムステルダム、マルタ島、シチリア島、ロサンゼルス…など。正月には「シリーズ一挙放送」という3時間番組もあった

これが、なかなか面白い。時に感動的ですらある。それぞれの人生と思いが、演奏に凝縮されている。オルガニスト志望の人、建設会社の社長さん、これから子ども達とキャンプに出かける養護学校の先生、音楽家崩れのホームレス、離婚してコメディアンのオーディションを受け続ける59歳のオジサン、孤児院育ちで今は子ど達にピアノを教える人、はたまた刑務所服役中にピアノを学び、駅ピアノで出会った女性と結ばれた人とか。う~ん、人生様々だ…

こういうイキな企画、日本にもあるのかな~?と思って調べると、(楽器の街)浜松とかには置いてあるらしい。更に期間限定(10日間)ながら品川駅に置いてあると知り、今日急遽行ってきました!(笑)

シャイな日本人のことだから、あまり弾く人もいないんじゃないかな~?と思って行ってみると、予想は大外れ。日曜の昼時だったが、なんとピアノの周りはずっと黒山の人だかり。しかも演奏者もかなりのハイレベル!どうみてもプロか音大レベル…という演奏家もチラホラ。そんな中を分け入って、息子も演奏させてもらいました(動画はコチラ)・・・

プラハあたりだと駅だけでなくいたる所にピアノが置いてあるとのこと。品川でも結構な注目度だったのでこの「駅ピアノ」、これから日本でもはやる予感!